3社の事業特性や特徴

我々3社は共通する理念を持ち、またインポーターとしての事業特性が類似した会社群です。それぞれは独自の専門性や強みを持つ独立自営の会社ですが、採用や研修などの人材面や、プロモーションの一部などで、お互いに連携した共通のプラットフォームを保持しております。以下、3社に共通する事業特性や特徴につき、ご説明致します。

正規エージェント型インポーター

一般に、ワインインポーターの事業は大きく2つのタイプに分かれます。1つは今現在の日本市場でニーズの高い著名なワインを主力として、世界中の市場からトレーダー的に集めてお客様にお届けする業態です(並行輸入トレーダー、オークションなどから調達するトレーダーなど)。
もう1つは、海外生産者のご指名によって当該国における正規代理店(エージェント)となり、長期・継続的に販売を行う業態です。生産者に成り代わって当該国におけるブランド創造をする機能も果たしながら、固定的・長期的なファンを増やし、安定・継続的な販売をしてゆく形になります。

我々3社は全て後者、すなわち、正規エージェント型のインポーターとして長期継続的な販売を目指してゆく業態です。ワインも農業生産物であり「毎年同じ畑から同じワインが産まれ続ける」という原則があります。我々はその原則に合致する長期継続的なビジネスを選択しています。

ファインワイン特化型インポーター

ワインにはシンプルに飲んで美味しくリーズナブルなものから、芸術性すら感じさせる偉大なワインまであります。我々3社は全て「ファイン・ワイン」に特化しておりますが、我々の定義する「ファインワイン」とは有名であることや高価であることを意味しておりません。どのような価格帯においても、ワインを造っている「人の個性」と、そのワインが育まれる「土地の個性」の両者が高い次元で感じられるワインを我々はファインワインと定義し、そうしたワインのみを扱うというポリシーを持っています。

例えば、ピアノの演奏でも、単に上手な演奏と、観衆が涙するほどに感動を与える演奏とあると思います。ワインの場合では、葡萄が生まれ育った土地の個性と、その作り手の想いや情熱がありありと見えてくるようなワインは、単に美味しいだけに留まらず、人の心に感動をもたらしてくれます。我々は、「飲んで美味しいのは当たり前の前提」として、人に感動を与え、幸せな気持ちになって頂けるようなワイン=ファインワイン=を特化して扱っています。

また当然それら「感動をも与えるようなワイン」は、デリケートで繊細なディテールを味わいの中に持ち併せますので、我々はそれらワインをまるで生鮮食品を扱うように、輸入の過程はもちろんのこと国内流通の過程まで最大の配慮を持って、大切にワインをお届けしております。

▶品質ポリシー

理念実現型インポーター

我々3社は単なる「金儲け・食い扶持」としてワインインポート事業を行っているのではなく、理念の実現を第一義として活動しています。各社の理念は若干異なっていますが、最終的に目指しているゴールは似た地点にあります。社会善に繋がるビジネスのみに特化し、数多くの「ありがとう」を頂けるような存在になることが、各社に共通した理念です。

各社は営利企業としてでき得る限りの利潤を追求していますが、それは各員がお客様や生産者の皆さまから「ありがとう」を頂ける量を最大限にすること、つまり、笑顔と感動を数多くの方にもたらすことができる会社になることを目的としているものであり、利潤は目的ではなく手段と捉えています。もちろん、「商売の安定継続のため」、「従業員の安定雇用や待遇改善あるいは結果を出している方に報いる原資を持つため」、「株主様やお取引先様など各ステークスホルダーの皆さまにプロとして当たり前のリターンを生み出すため」…といった、さまざまな企業として当然の責務を果たすためにも利潤確保を最大限に追求をしていますが、「理念の実現こそが最大の目的である」という経営視点は、我々3社に共通する重要な点です。

採用トップページヘ戻る

3社の事業特性や特徴|人財に対しての考え方採用の趣旨